ピルの避妊以外の効果、生理日移動や不快な症状の改善

ピルは避妊効果以外にも、さまざまな効果があります。生理に関する効果だけでも、生理日の移動、生理不順の改善、生理痛やPMSなど生理の際の不快な症状を軽減する効果があります。
生理日を移動する場合、通常は中用量ピルが処方されます。早める場合には、生理の5日目までにピルを飲み始め、早めたい日まで飲み続けます。飲み終えると2~3日で生理が来ます。この方法は、生理を避けたい期間にピルを飲む必要がないのがメリットですが、早めに婦人科を受診しておく必要があります。
生理を遅らせる場合には、生理予定日の5日前からピルを飲み始め、生理を避けたい日まで飲み続けます。飲み終えて2~3日で生理が来ます。遅らせる方が確実にできますが、生理を避けたい期間中ピルを飲み続けなくてはならず、吐き気などの症状がある場合も我慢しなければなりません。
生理日の移動は健康保険の適用外ですが、月経困難症の治療でピルを処方される場合は保険が適用されます。月経困難症は、日常生活に支障が出るほど強い生理痛があるもので、卵巣や子宮に問題がない機能性月経困難症の場合にはピルが処方されます。子宮内膜で作られるプロスタグランディンというホルモンには、子宮を収縮させる作用があり、生理痛や吐き気を引き起こします。ピルには子宮内膜の増殖が抑える作用があるため、プロスタグランディンの産生も減り、その結果不快な症状が軽減されます。
ピルを飲むと、今まで鎮痛剤で生理痛を抑えてきた人も、鎮痛剤の必要がなくなるほど軽くなり、日常生活が楽になるケースがほとんどです。また、子宮内膜が薄く維持されるため、経血が少なくなり、月経過多による貧血があった場合も改善することができます。

トップページへ