受胎の可能性もあるので産後の避妊は重要

結婚をしていたりすると、妊娠をするのは喜ばしいことになるでしょう。待望の子供が生まれて忙しい毎日を送る中で、女性の体は再び妊娠をすることが出来る体になっていくものなのです。油断をしていると、再び思わぬタイミングで妊娠をしてしまうかもしれません。しっかりと家族計画を立てることで、妊娠や出産などのタイミングを計るようにしたいものです。
女性の体は妊娠、出産を経てしばらくすると、また妊娠をすることができる体に戻っていきます。それを知らずにいて、出産を終えて間もなく性交渉をすることで、妊娠をしてしまうこともあります。
女性の体内でタイミングよく卵子と外から入ってきた精子が出会ってしまい、受精卵が子宮内で着床、受胎をしてしまうとそのまま妊娠をしてしまうこともあるのです。産後はすぐに妊娠をしないだろうという気持ちがあると、思わぬ事態になってしまうこともあるのです。それだけ女性の体の回復というのも早いものなのです。
ですから妊娠を防ぐためにも避妊をする必要があるのです。産後でまだ生理周期が整っていないとしても、コンドームを使用したり、女性自身が自分の身を防ぐためにも低用量ピルを服用するなどの工夫をしていくといいでしょう。場合によっては次の生理がきていないのに、もう妊娠できる体に戻っていたりして、間違って妊娠をしてしまうということも可能性としてはあるものなのです。だから注意が必要なのです。
そういったことにならないようにするためにも、女性の体が妊娠できる状態に戻っていくということをしっかりと理解をして避妊をしていくということが大切なのです。家族計画が狂ってしまうことがないように気をつけていきましょう。

トップページへ