避妊して1週間、腹部の違和感が気になる場合

妊娠を望まないという場合には、避妊をするということが大事です。
しかしあいまいな知識だけで、避妊をすると不成功に終わるということもありますので気をつけましょう。
最も危険なのは避妊具を用いなくても、生理直後だったら排卵していないから性交渉をしても大丈夫というような知識であったりします。
避妊して1週間だけど、腹部の違和感が気になるというような時には、もしかしたらその避妊の方法が間違っているという事があり得るかもしれません。
生理から数えて排卵に被らない時期に性交渉を行ったから大丈夫なはずだと思っていても、実際には精子は3日ほどは女性の体に入ってからも生きながらえています。
1週間ほど生きているというような場合もあるようですので、それこそ、時期を外して性交渉をしたというように考えていても、精子がまだそこに生きているという状態であれば排卵をした際に、受精をして妊娠につながるというようなことも考えられるのです。
性交渉をして腹部の違和感が気になる場合には、妊娠検査薬などを適当な時期を見計らって使用してみるというのも、妊娠の有無がわかる方法でもあります。
あまり早めの段階で妊娠検査薬を使用すると、結果がきちんと出ませんので、説明書に書いてある通りの使用時期に利用するということがお勧めとなります。
また、妊娠以外でも腹部の違和感ということが続く場合は、医者に診てもらうということも大事になるのは当然です。
妊娠を望んでいないという場合には、こういった腹部の違和感ということにも、妊娠したかもしれないという不安を持ったり、ストレスを感じてしまうということもあり得ます。
しっかりと妊娠、避妊の基礎知識をつけてこういったことにならないよう避けることが出来るのを知っておくべきでしょう。

トップページへ